失敗しない看護師転職まとめ

2021年01月18日

内科の看護師は検査を行うことが多いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病や高血圧、心臓病などの病気は、誰でも罹る可能性があります。個人経営の内科クリニックでは、医師や薬剤師の指示に基づいて、看護師は仕事をこなす必要があります。生活習慣病などの持病がある人は、定期的に尿検査や血液検査、血圧測定、心電図などの検査を行う必要があります。

糖尿病や高脂血症などの病気は、尿検査や採血などを行うことが多いです。狭心症や不整脈などが見られる場合は、定期的に心電図の検査を行う必要があります。心電図の検査の前は、使用する医療機器を清潔に保ち、事前に準備をしておく必要があります。

医師はモニター映像を確認しながら、検査を行うことが多いです。内科クリニックは中学生や高校生、大人、高齢者まで幅広い年代が通院をしています。持病を持っている人は不安を感じている人が多いので、細かい気配りをしたり、優しい言葉遣いが出来る人が向いています。

接客マナーが丁寧だったり、迅速で丁寧な応対が出来る人は患者に好印象を持ってもらえます。初めて受診をする人には、診察室や検査室に誘導をすることも大事です。内服薬の飲み方を指導したり、食生活を見直すための指導を行うことがあります。症状によっては注射や点滴などを行うことも多いです。