失敗しない看護師転職まとめ

2020年10月11日

在宅医療の現場でも看護師の力が必要とされている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅医療の現場においては、医師やコメディカルといったスタッフだけでなく、点滴や採血、医療機器の管理などの経験が豊富な看護師の力が必要とされています。特に、地域医療の拠点病院においては、実務経験が長い人や特別なライセンスを持つ人を好待遇で迎え入れているところが目立ちます。

そうした中、在宅医療に本格的に携わりたい場合には、看護師の採用後のサポートがしっかりとしているところや、日々の業務内容が明確なところを職場の候補に入れることがおすすめです。また、在宅医療における医療従事者の役割については、経験が少ない人や年齢が若い人にとって理解しにくい部分もあるため、就職活動中に各地の医療現場や研究施設などで行われている業界セミナーや説明会などに顔を出してみるのも良いでしょう。

なお、在宅医療の現場で高度の障害がある人や認知症の患者と接する場合には、複数人のスタッフでチームを組んで対応をしたり、医師と密接に連携をしたりする場面が多くなります。そこで、将来に向けて看護業務に関する一通りの専門スキルを身に着けるのはもちろんのこと、医療の仕事で役立つコミュニケーションスキルを磨くように心がけることがとても大切です。