失敗しない看護師転職まとめ

2017年10月19日

看護師がオペ室に転職をするときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オペ室で働く看護師は、患者の様態を常に観察しながら、医師に適切なサポートを行う必要があるため、臨機応変に対応ができる人材が重宝されています。特に、手術の機会が多い外科や脳神経外科などでの経験が豊富な人は、就職の際に好待遇の条件が提示されることがあるため、時間を掛けて各地の評判の良い病院の待遇の良しあしを把握することが大事です。

オペ室の看護師の勤務時間は不規則になりがちですが、夜間のスタッフの人数が多いところや、三交代制の勤務が徹底しているところを就職先に選ぶことで、身体的な負担を最小限に抑えることが可能です。最近では、手術に立ち会った経験が豊富なスタッフの募集が行われている病院が多くありますが、仕事内容や将来のキャリアなどを検討しながら、失敗なく就職先を探すことがポイントです。

なお、オペ室で得た知識や経験は、実に様々な診療科目で応用することができるため、近い将来に転職を考えている人や、適職を探したい人であれば、積極的に挑戦をしてみることがおすすめです。もしも、こうした職場の教育性の内容に関して具体的に理解を深めたい時には、求職者向けの相談会などが定期的に開催されている病院を探したり、ベテランからアドバイスを受けたりすることが有効です。

その他、病院によっては少人数のスタッフで手術をこなす必要があるため、できるだけスキルの高い人材がそろっている医療機関の取り組みに注目をすることが肝心です。